【サプリメントの与え方

(1)高品質なドライフードに個々に必要なサプリメントをかけて与える。
犬は20分過ぎても食べない場合には下げる。
おやつなどは、一切与えず、食餌の出しっぱなしはやめる。

猫は自由給餌方式にして、食べるかどうか2〜3日様子をみる。(猫はドライにプラスだと食べない子が多いですが・・)

その他のものは水以外は一切何も与えない。それを忍耐強く繰り返す。
においに神経質な場合には、規定量の半分位の少量のサプリメントを加えて、少しずつ増量する。

《注意》病気で元気食欲がなく栄養補給が必要な場合は、衰弱し悪化してしまいますので、(2)以降を試して下さい。

(2)高品質なウエット缶をドライフードに2割ほど混ぜたものにサプリメントを混ぜる。
個々が好むウエット ティースプーン1杯ほどを、10g位のドライフードにサプリメントを混ぜて与えてみる
缶詰のみ食べてドライフードを残す場合には、缶詰をお湯で溶いて万遍なくドライに缶詰がしみるようにする。

(3)上記の犬缶又は猫缶100%の中に、サプリメントを入れて与える。

(4)(3)でも食べてくれない場合には、犬や猫が好む食材で身体に良い食材少量の中に、サプリメントを混ぜて与える。
身体に良い食材とは、塩や砂糖などの味がついていない食材(獣肉・魚肉)を自宅で調理(ゆでる又は炒める=良質な油に限る。)
又は、サプリメントの匂いをごまかせる おやつなどを細かく切ってトッピングする。
大好物な素材をトッピングすると、サプリメントの味や香りが軽減できますので、食べてくれる子が多いです。

(5−1)どの方法も駄目な場合には、必要なサプリメントを確実に体内投与するために、薬局で空カプセルを購入し必要量をその中に詰めて飲ませる。
カプセルは水で濡らしてから投与すると滑りやすくなるので飲み込みやすいです。

口を開けることは嫌がると思いますが、口横から指を入れて(1本分くらい)喉の奥に入れます。
慣れれば大抵は飲ませられますので、躊躇せずに行ってみてください。
カプセルを上手に吐き出す子には、投与後にシリンジなどで1-2mlの水を飲ませると飲込んでくれます。

(5−2)少量の清浄水に必要なサプリメントを混ぜてダンゴ状にして、経口投与する。
暴れる子の場合には、保定する人間と飲ませる人間と2人いると便利です。

猫の場合、錠剤やカプセルを飲ませられないという方は、顔以外の足や手をバスタオルでくるみ、暴れないようにすること。
与える方が躊躇していると、犬や猫も懸念しますので、躊躇せずに(喉の奥まで指1本分位奥に)素早く飲ませます。

コツさえつかめたらカプセル投与も楽になりますので、あきらめないで継続することが必要です。

その他
犬や猫が好む良質な食材の中に、シンジなどでサプリメントを水で溶いたものを注入する
少量のはちみつの中にサプリメントをプラスして舐めさせる

●飼い主さんがサプリメントの効能をご理解したうえで、 必ず毎日 1日2回 必要量を確実に体内投与して下さい。

サプリメントは、薬ではありませんので、急激に効果がでることはまれです。
症状が酷い場合や慢性疾患の場合、長期間薬剤を投与されている場合などは、お時間がかかることもあります。

サプリメントは化学薬品ではありませんので、サプリメントによる(妊娠中は禁忌の製品があります)副作用はありませんので、安心して長期間お使い頂けます
組み合わせによる弊害も特にありません。

サプリメントの小分けアドバイス

このような容器を購入し7-10日分を入れておくと、毎食毎与える際にとても便利です。
開封したサプリメントは、冷蔵保存をおすすめいたします。

犬・猫 観察日記を飼い主さんがつけていただくと、日頃の様子がよくわかります。
体調の変化があったときにも一目瞭然ですので、観察日記は必要だと思います。
食欲・排泄の様子・行動上の変化など気がついたことをすべてメモしておくといいと思います。
皮膚病などの外的疾患は当初の写真をとっておくと、改善された様子がよくわかります。

HOME |店舗案内 |ご購入方法 |ご相談フォーム |お役立ち情報 |お客様からのお便り |
キャットフード |ドックフード アズミラサプリメント |SGJサプリメント