老齢を考える

 何歳から老齢かは、種類、室内、室外の飼育環境、食餌、運動などによる環境条件によってもかなりの格差があり、老齢の徴候が、現れ始める時期も異なり、早くて7,8歳であり、12-13歳でもいっこうに衰えを感じさせない動物もいます。

 老化とは、年をとるとともに身体の中の細胞分裂も速度が遅れたり、分裂しない細胞の数が増加したりして機能細胞の数が減少し、組織細胞の大きさが縮小することにより、若いときよりも組織全体の機能が低下することを言います。

大抵は、10歳頃には何らかの老いの形が現れてきますが、体質や良好な健康状態、そしてストレスによる疾患や環境による変化によっても、その子の寿命は大きく左右するものと考えられます

老齢食とは
 
消化器系や、歯の損傷により歯が抜け落ちてしまう場合もありますが、人のように良く噛んで食べる習性がないので、食べることができないというわけでもなくさほど苦にしないものです。

 胃腸の消化機能の衰えが出はじめるので、少量の食餌を、回数を増やして負担を軽くする必要があります。
ドライをふやかす場合は、熱湯ではビタミン・ミネラル類が失われる可能性があるのでぬるま湯を用いてください。

 大豆・鶏肉副産物・動物性脂肪を使用しているフードは与えるべきではありません。
消化吸収がよい、高品質な原材料を使用し、添加物を排除した、基本的な栄養素をきちんと補給できるものがベストです。
高品質の材料とは、穀類は無精製のもの・肉はホルモン剤・飼料添加物が残留していないもの=人間用素材と同等、脂肪源は植物性油脂です。

ビタミン・ミネラルの補給 
 
本来は年齢に関係なく、すべての年齢にビタミン・ミネラルを与えるのが望ましいことなのですが、今までビタミンやミネラルを補給してなかったとしても、老齢期に入る時期はぜひとも与えるべきで、栄養学的な対処を選んでほしいです。

ビタミンEは、特に多めに与えたほうがよく、通常小型犬と猫で200IU、中型犬で400IU、大型犬で800IUです。
ビタミンEが必要な理由は、身体の酸化=老化を遅らせ助ける作用があるからです。
ビタミンCも多く摂る必要があり、老化は体内のビタミンCの合成能力が減少するからです。
酸化=老化を防ぐためにSODを使用するのが望ましいです。  


これは病気だけではなく、毒で加工されたジャンクフードを食べてきたために自然の老化ではおこり得ないトラブルで苦しんでいる動物にもあてはまることです。
老化は急速に訪れるわけではなく、日頃の管理をしっかり行い、適切な配慮をし、なによりも予防が大切であるから、老化現象が現れる前に良質な食餌とサプリメントを与えて欲しいのです。
それにより老化現象を遅らすことも可能であり、あなたの愛犬・愛猫も健康で長い生涯を送れるのです。

老齢の兆候

色素性角膜炎・白内障・核軟化症・緑内障などにかかることにより視力が低下する

耳が遠くなり呼びかけに対する反応は鈍くなる
犬ではよく吠えた犬が吠えなくなる

嗅覚が鈍くなり、鼻は適度な湿り気がなく乾燥気味でヒビ割れた状態になる

摩耗や摩滅による歯髄や歯根部の露出で、感染症を起こしやすい
歯根膜炎や歯槽膿漏の発生や歯が抜ける

皮膚被毛

皮膚の弾力がなくなり乾燥し、被毛はパサパサし量も減って白髪が多くなる
皮脂腺の過形成

消化器

唾液の分泌が悪くなり口の中が乾燥する 食道の蠕動機能が低下し食物の通過が悪くなる
胃や小腸では消化液の分泌が悪くなり嘔吐や下痢をおこしやすく、栄養吸収率も低下する 結腸の蠕動運動が弱くなり便秘になりやすくなる
肝臓は機能低下がみられ肝臓疾患があらわれる
すい臓の機能低下により糖尿病となったり、食欲不振、下痢を起こしたりする

循環器・呼吸器

心臓の筋肉は収縮力が衰え血液の拍出量の減少が起こる
気道の虚脱・慢性気管支炎・肺の繊維症などを起こし、慢性的な咳・呼吸困難・チアノーゼなどの症状がみられる

泌尿器・生殖器

尿が多くなったり頻尿となったりタンパク尿が排出されたりする 失禁したり、細菌感染を起こしたりする オスは睾丸の萎縮・前立腺の萎縮、過形成
メスは子宮蓄膿症・卵巣嚢腫・乳腺の繊維嚢腫

運動器

血管の硬直がみられたり骨折しやすくなったりする
筋肉の量が減り緊張感が低下する
椎間板の繊維変性・変形性脊髄症などによって動くと痛がったり運動を嫌う
パットは乾燥して硬くなり、爪も硬くなる

脳神経 脳の大きさ八尾も差が減少し、老齢萎縮を起こした場合、眠り込んだり、刺激に対する反応が低下し、老年痴呆症となる場合もある
内分泌系

下乗体の萎縮・繊維化が起こる
副腎の機能低下症でストレスに対する適応能力が減る
甲状腺の機能低下症になると体内の物質代謝が緩慢となったり、脈が乱れたり、皮膚、被毛が乾燥したりするなど全身的に無気力な状態となる
オスは交配意欲が減少しメスはシーズン期間が短くなり、シーズンとシーズンの間もあく

免疫系 Tリンパ球の活性が抑制され、免疫反応の低下が起こり腫瘍や感染症が発生しやすくなる

HOME |店舗案内 |ご購入方法 |ご相談フォーム |お役立ち情報 |お客様からのお便り |
キャットフード |ドックフード アズミラサプリメント |SGJサプリメント