危険なおやつ や フード 実名掲載 週刊新潮

私も 3回ほど 担当記者に電話で取材協力させていただきました。
一応 実名で 少しのコメント載ってます。

私が 自然食のお店を始めたのは、故長男 まぐろ達 に 健康で長生きしてほしい という猫愛からはじまったことです。
当初は 卸しとして ペットショップに販売したいと考えていましたが・・・

あちこのショップを回って 知った
利益第一主義
自家繁殖している店は 経費がかかるから 自然食は与えないという考え方
健康は二の次
産まなくなったら親は 廃棄すればいいという 恐ろしい考え方・・・
売る子犬への愛情も感じず・・・

あまりの食への意識の低さ
命ある犬猫に対しての 物扱いの酷さ 

仕事とはいえ そういう店に卸すのは したくない

それならば 自分で お店を自分で出しちゃえ 、そう思ってはじめた お店です。
もう20年以上・・・過ぎました。

2018年8月9日号の週刊新潮では、「食べてはいけないペットフード」の
特集記事が掲載されています。









皆様は そんなことは 重々ご存じだとは思いますが・・
この週刊新潮で問題提起されている危険なフードの問題は事実です。


国産だから 安心と たまに おっしゃる方がいらっしゃいますが
それはペットフード業界では通用しません。
日本は ペットフード後進国 動物愛護後進国 です。

週刊新潮の記事にもありましたが、 日本においてペットフードの法整備がされたのはわずか10年前です。
しかも 罰則規定も曖昧であくまで自主規制なので 抑制力はあまりありません。

行政機関 メーカーが 安全と言っているから
大丈夫 と 思う方もいらっしゃるとは思いますが・・・

本当に 今 与えている 食事内容 おやつ の 質は安全であるか、再考していたけたらと願います。


基準・規格案に関する参考資料 

医食同源 
愛する子の健康と長寿を願うのならば 一番 考えなくてはいけないのは 安全で高品質な食事 なのではないでしょうか・・
●加齢に伴い たとえ自然食であっても 食事のみの対応では健康維持は難しいので 病気予防のために サプリメントプラスは 必須です。


すご〜〜く 簡単に考えれば わかるんです。
10s位の フードが 量販店で 1000円位  大袋のビーフジャーキー が 400円位
そんな金額で売れるって 一体いくらの原料費でできちゃうの ??

大手の会社であっても 食品として作るのは どう考えても ムリでしょう。
●企業は 利益度外視の製品は絶対作りませんよ〜〜〜。
中身は何でしょうかね〜〜〜。 食べ物ですかあ・・・・

一躍 CMで有名になった 飼い主さんが 手から与える おやつ ちゅ〇〇
自作CMが作れるアプリ  大人買すると 付く おまけ 
購買意欲をかきたてる 企業努力は見事に成功していますが・・・

それに 踊らされて乗るのは・・・どうなのかなあ。

我が家は 1回もあげたことはないですし 今後も きっとあげない と思います。
理由は簡単 危険なおやつ と認識してますからね。

HOME |店舗案内 |ご購入方法 |ご相談フォーム |お役立ち情報 |お客様からのお便り |
キャットフード |ドックフードサプリメント