コエンザイム 

補酵素であるCOQ-10は、体内で合成される物質で呼吸のプロセスで細胞に使われているが、正常な老化の過程では一般に欠乏してくる。
研究によって補酵素Q-10の体内量の減少は直接的に老化に寄与し、増加は老化を遅らせるだけでなく下記の効果をもたらすことが 明らかにされている 。

心臓病のリスクを減らす
心臓筋肉の無酸素呼吸を助け、ウイルスが原因の心臓の炎症を抑え、心律動異常を防ぐ
免疫システムを刺激する
歯根膜の病気治療の助けとなる
血圧を下げる
ビタミンEの抗酸化のはたらきを分担する
老化に伴う多くの病気の治療に使われる薬が毒性を出すのを防ぐ

心臓の細胞に活力をとり戻させるQ-10
弱った心臓の細胞を再び活気づける強力な物質で、何百万という心臓病の人たちに希望を与えてくれるものである。
特に、心臓の筋肉が次第に弱くなって、ポンプとしての心臓の機能が衰えるうっ血性心不全には大きな助けになる。
この病気は非常によく起きている病気で、型にはまった医療では治すことができない。
様々な原因からおきるが、長い間つづいた高血圧、糖尿病、ウイルス性の病気、過度の飲酒、 最も多いのが心臓発作と加齢による日々のダメージである。
損なわれた心臓の小さな細胞たちは、それぞれの力強い心臓の収縮にまで統合して前身に血液を送りだすだけの エネルギーを生み出すことができなく、心臓の筋肉の細胞の非能率のゆえに血液の流れは遅くなり心臓の機能が不全になる。 典型的な症状は、呼吸が浅くなる、疲労、肺に水が溜まる、足首が腫れるなどであり、 オーバーワークとなった心臓はやがて力尽きて止まり死にいたる。

一般的な治療法は、ジキタリスのような強心薬、利尿薬、血管拡張薬、 アンデオテンシン変換酵素阻害薬などによる薬物療法である。
しかし、その他の世界中で使われていて非常によい成績をあげているのが、 酵素Q-10とよばれるものであり、それがもたらした多くの奇跡は心臓病専門医のあいだで伝説的になっている。

補酵素Q-10とは何か?
ユビキノン、ユビキノール-10とも呼ばれる強力な抗酸化物質であり、 身体を最も望ましいレベルで機能させるために細胞に与えてあげる必要のある栄養素である。
食品の中にも少量含まれ、体内すべてのでも細胞で作り出されている。


どんな改善があるのか
心臓病患者のほとんどは補酵素を欠乏させていて、サプリメントで摂ると、 心臓の機能が蘇生して心臓病の症状が劇的に改善されることが研究によって明らかにされ、 心臓病患者の75%が健康な人との比較で心臓の組織中の補酵素Q-10を極端に欠乏させている事が明確になった。
その研究ではまた、中高年のうっ血性心不全患者の4/3が、 補酵素Q-10を採る事で症状の改善をみている。
この10年間に世界中の評判の良い医学雑誌に発表された補酵素Q-10を心臓病(主としてうっ血性心不全) 70% に 用いた研究論文の数は50を超えている。日本で行われた広範囲の研究では約 %の人が症状の改善をみていて、 国際的な研究結果をふまえて多くの国で心不全の治療に欠かせないものになっている。

作用
細胞のミトコンドリアに入っていけるほどの唯一の抗酸化物質である。
ミトコンドリアで酸素が燃えてエネルギーが生まれ、生命活動が維持されるのだが、それを効率的に行うためには補酵素Q-10が必要なのである。
補酵素Q-10が十分にないと細胞は力の不足を招き、 生命を維持する臓器の機能を損なう。 鼓動を保つためにエネルギーを生み出している心臓は最も多く 補酵素Q-10を必要としている臓器だが、 損傷した心臓の気肉の細胞で補酵素Q-10が枯渇するエネルギーの産生が落ち込み、 ミトコンドリアと心臓血管の機能不全を招くので、サプリメントで補って心臓の筋肉のエネルギーに飢えた細胞を蘇生させてやると、力が出てきて、血液を循環させる働きが困難になっていた心臓に機能とり戻してくのだ。と専門家達はいう。 つまり、効率的に機能を果たすために必要な燃料をエネルギーに飢えた細胞に与える事によって 心臓の力学的な機能を改善するのである。

必要量は
心臓病の人に対して勧められている一般的な摂取量は、1日50から150mgである。
重傷の心不全では1日300mg必要な場合もある。
重症の心臓病患者ほど弱っているので必要量が増す。 一部の研究者たちは体重1キロあたり1日に2mgを勧めている。体重50kgの人ならば100mgである。
重要な点は、十分な効果を得るためには血液中の補酵素 Q-10の値が上昇するだけの量を摂る必要があるということである。
だから適切な摂取量は人によって異なってくるし、 摂る製品の効力や生物学的利用能(一定量の薬の値の生理学的効果)によっても違ってくる。
同じ量を摂っても 悪い製品の場合は、効力や生物学的利用能が低いために、血液中の補酵素Q-10はそれほど上昇しないのである。 また同じ製品を摂っても人によって違いが出てくるので、補酵素Q-10が効くかどうかを確かめる、 また必要量を決定する唯一の方法は血中値をはかる事だという。


効果の現れ方
権威者たちは、心不全の症状に改善が見られるまでには、 通常補酵素Q-10を摂りはじめて2週間〜8週間かかるという。 そして心臓を強くする恩恵を受け続けるためには止めることなく摂り続けなくてはならない。

安全性

副作用はイタリアの研究では、2664名のうち22名(1%に満たない) が軽い副作用の報告をしているが、軽度でまれである。通常は長続きしない吐き気以上のものではないという。 多量の摂取によってさえも、人間でも動物でも毒性は見出されていない。 

複数の研究で他の心臓血管の問題でもよい成績をあげている。 高血圧、不整脈、狭心症、僧帽弁逸脱などである。神経系の対抗性変性疾患、パーキンソン病、 筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症の患者に対してもてテストが行われ、そうした病気の進行をおくらせることに期待がかけられている。

ガンについても、で効果が注目されていて劇的な成功例が報告されている。
がん患者も補酵素Q-10を欠乏させている人が多い事を実証している。

コエンザイム          

HOME |店舗案内 |ご購入方法 |ご相談フォーム |お役立ち情報 |お客様からのお便り |
キャットフード |ドックフード アズミラサプリメント |SGJサプリメント