【グルコサミン・MSM・コンドロイチン インフォメーション】

健康のための硫黄
健康な新生細胞の形成に最も重要な材料の1つに有機硫黄があり、MSMという名前で知られています。
この大元素は全ての動植物の細胞に存在し、命に極めて重要な物質です。
硫黄は靭帯の体重に対して0.25%以上を占めていますが、動物も植物も自然の硫黄を直接利用できず、MSMのような有機体の形態でしか利用できません。
MSMは結合組織、酵素、免疫グロブリンの合成に必須の硫黄を提供します。
硫黄は健康な被毛と爪の形成に重要な要素です。
注意:処方薬のサルファ剤と混同されないようにご注意ください。体質によっては酷いアレルギーの原因となることがあります。
MAMは非常に無毒で非アレルギーの物質と考えられています。

MSMを必要とする理由
体内に存在する自然の形態のものであり、また果実や野菜に広く含まれていますが、加工食品の加工と熱によって必須のMSMは破壊されます。また加齢とともに濃度は低下します。
MSMをサプリメントとして摂取することは、健康を強力にサポートすると考えられます。
一日の摂取量目安は1000〜2000mgです。

MSMとアレルギー
重要な抗アレルギー物質と考えられています。
研究の結果、環境毒素、寄生虫とアレルギーに対するバリアーを維持する極めて重要な役割をもっていると示唆しています。
鼻孔、肺、皮膚、消化器官の内壁の上皮組織を強化する働きがあります。
これらは防御組織の最善列にあり、内部組織への異物の侵入を防ぎます。

MSMと炎症
体内のMSMの約半分は筋肉、皮膚、骨に吸う中しています。
MSMの最も重要な利用方法の1つに痛みと炎症を緩和する能力があることが実証されています。
硬い繊維細胞が腫れ、炎症を起こすと圧力と痛みが発生します。
MSMは細胞膜の柔軟性と浸透性を復元させますので、組織における体液の通りを容易にし、圧力を均等にし、痛みと腫れを軽減します。
MSMは、筋肉の炎症、老人や陸上選手の痙攣の解消と軽減に著しい働きがあります。
グルコサミンとの併用はすり減ったり、痛んだ関節や靭帯の修復と痛みの解消に有効です。

MSMと皮膚
硫黄はビューティーミネラルともいわれるように、コラーゲンの合成に必要であり、皮膚、被毛、爪の健康に必須のタンパク質物質であるケラチン(角質)に広く行き渡った物質です。
硫黄の不足は皮膚のひび割れとしわの原因になります。

関節炎のナチュラルレポート
グルコサミン硫酸塩は、ほとんどの人がよく代謝でき、生体利用度の高いグルコサミンの形態です。
グルコサミンは体内でグルコースから形成されグルコプロテイン、グリコ脂質、グルコサミノグルカンを含む大分子を含む素材です。
これらの大分子は忍耐内で様々な関節、腱、靭帯、椎間板などを含む結合組織を形成するのに使われています。
グルコサミンとこれらの大分子は血管と腸壁の成長と維持、骨と関節の細胞質気質に関わっています。
グルコサミンは滑液の主用構成物質の1つで、関節の治癒と動きに関与しています。
現在の純粋なグルコサミン硫酸塩の供給源は様々な甲殻動物の殻です。
グルコースからグルコサミンへの変換力が衰えると、グルコサミングリカンの産生能力が低下し、全般的な接合組織に影響します。
研究の結果グルコサミン硫酸塩は穂名関節炎、腱、靭帯の組織に有効であることを示唆しています。

研究
臨床テストでは、関節炎の患者に対して行われ、1日1.5mgのグルコサミンを与えるグループと1.2mgのイププロフェン(消炎鎮痛剤)を与えるグループに分けて行われました。
8週間後、グルコサミンのグループには著しい関節痛の軽減が見られました。
純粋なグルコサミンの経口投与療法により優れた臨床的、生物学的耐性が得られ、初期と第二期の生成的な関節炎の療法に基本的プログラムに採用すると示唆しています。
様々なテストにより、純粋なグルコサミン硫酸塩は容易に消化吸収されることが実証されています。
研究の結果90%上のグルコサミン硫酸塩は体内に級数され、25%は関節や結合組織に取り込まれることを示しています。
この自然の抗炎症物質の応用は結合組織と関節の治癒と健康維持に、ステロイドに依存しない代価療法として優れた方法と考えられています。

グルコミサンと軟骨
人間の結合組織は常にストレスに晒されていて、それが関節炎、結合組織の炎症と硬直など様々な以上の原因になります。
結合組織は2つの重要な構成組織であるコラーゲンとプロテオグリカンの産生のために必要な基質を供給します。
グルコースからグルコサミンへの変換能力が衰えるとプロテオグリカンの産生と組織結合の形成の割合を制限します。
研究の結果グルコサミン硫酸塩は骨関節、関節の痛み、腱と靭帯の損傷に有益だと示唆しています。

軟骨と関節炎
コンドロイチン硫酸塩はプロテオグリカンの主用構成で、軟骨の合成のための気質を供給します。
硫酸塩分子は体内で結合組織の産生に重要な成分ですが、気管の牛の軟骨の利用は更に有効です。
気管の牛の軟骨は多重のコンドロイチン硫酸塩とU型コラーゲンを含み、これらが抗炎症物質の賛成を促進します。
300人の関節炎患者に牛の気管軟骨を経口投与し、結果59%に素晴らしいケッツかが得られ、26%に著しい改善が見られました。
平均的な治療期間は6〜8週間で、副作用は一切見られませんでした。

軟骨とリュウマチ性関節炎
自己免疫性疾患症の1つに分類されています。
現在の研究はリュウマチの炎症と痛みに軟骨を応用しています。
鶏の期間軟骨を使った臨床実験では、儀薬を与えたグループと比べて著しく改善が実証されています。この実験は90日間行われ、気管組織からのコラーゲンも少量使用しました。
コラーゲンタンパクを使用した研究は軟骨の抽出物が炎症を起こした関節や組織のT細胞の活動を変え免疫反応抑制物質として働くことを示唆しています。
グルコサミン硫酸塩と気管軟骨の組み合わせは、グルコサミンや純粋なコンドロイチン硫酸塩よりも効果的だと考えられます。
この組み合わせは骨関節炎やリュウマチ性関節炎に応用すると抗炎症と免疫抑制の働きを引き出すと思われます。

MSMと関節
MSMと吸収可能な硫黄の供給源で、健康に必須な部室です。
硫黄はコラーゲンの形成に重要な要素で、結合組織の分子繊維をつなぎ合わせる二硫化物の接合部質の産生に重要な役割を担っています。
MSMは、関節の炎症を軽減する働きがあることが示唆されています。

ハーバルサポート
関節の処方には組織や関節の炎症を軽減することで使用されているハーブ(バスウエリアンとターメリック)。
マンガンは軟骨と椎間板の形成に重要な共同因子です。

改善症例
愛猫 チビ 11歳

原因不明の足のビッコ。
触っても痛がる様子はなし。
日ごろから自然食と数種類サプリメントを与えていますが、ある日突然後ろ足をかすかにビッコを引くようになった。
 ユッカアニスを2倍量、松康泉を新たにプラスしたが、それで一時的に改善はするが、その後また1週間くらいでビッコを引き、それを何度も繰り返していた。
(検査はしてません)
 加齢に伴う関節炎だろうと推測し、今まで与えたことのないグルコサミン・MSM・コンドロイチンを与え始めた。
 約1週間で改善し、その後さらに1週間与えました。
改善したのでこのサプリメントはやめたが、その後一度もビッコは引いていない。
 高いところへの昇り降りも昔どおりになりました。
その後一度も再発していないのはビックリで、 また新たな恩恵を被ることができてサプリメントに感謝です。

保護犬 甲斐ちゃん 生後約2ヶ月

 自家繁殖の飼い主から保健所に放棄された子犬。
保護時から、後ろ足を床につけないことがある。痛がる様子なし。レントゲン異常なし。
 足をどこかで痛めたのではないかとセンターの方が言う。
 後ろ足全体が細く形成異常のようである。
栄養障害ではないかと推測。

 自然食とサプリメント(シーミール、サンゴールド、ボーンミール、ポーリンパワー)を与えていたが2週間経過しても改善せず、先天的かとあきらめようかと思ったが、プラスしてグルコサミン・MSM・コンドロイチンを与え始める。
 1週間目くらいから、足を床につけるようになる。
 2週間目には、走ったりじゃれたりするようになる。
 3週間目には、全く異常は見られず、散歩はルンルンで行くようになる。
その後新しい飼い主さんに譲渡。再発なし。
猫 21歳
 
 散歩が好きだったが足が痛いようで、じっとしていることが多くなった。何かよいサプリメントはないかと電話にて相談あり。
 与え始めて以前のように、散歩へ行くようになった。
動作も活発になった。
 高齢のため現在も継続中。
猫 8歳

 高いところへ登ることが困難になり、ビッツコを引くようになり、レントゲン・血液検査などでは異常なし。
獣医にて痛み止めと抗生剤を処方されたが1週間経過しても改善は見られず、サプリメントで対応したい。
 与えはじめて1週間経過後、ビッコをほとんど引かなくなった。
3週間経過後、以前のように活動的になった。
 高いところから降りると、少しだけ痛がる様子だが、すぐに改善している。
薬剤はその後一切使用していない。現在も継続中。
シェルティー 6歳

 寒くなると散歩中にビッコをひくため、その度に獣医にて痛み止めを処方されていた。試してみたいとご購入
サプリメントのおかげで寒くなっても、ビッコをひかないと、プラス効果を実感し、寒くなる前の秋ごろよりサプリメントをかかさず与えるようにしている。現在も秋から継続し、結果は良好。おかげで獣医に行く必要がなくなったと、聞いています。

HOME |店舗案内 |ご購入方法 |ご相談フォーム |お役立ち情報 |お客様からのお便り |
キャットフード |ドックフードサプリメント