【グルコサミン インフォメーション】

関節炎のナチュラルレポート

グルコサミン硫酸塩は、ほとんどの人がよく代謝でき、生体利用度の高いグルコサミンの形態です。
グルコサミンは体内でグルコースから形成されグルコプロテイン、グリコ脂質、グルコサミノグルカンを含む大分子を含む素材です。
これらの大分子は忍耐内で様々な関節、腱、靭帯、椎間板などを含む結合組織を形成するのに使われています。
グルコサミンとこれらの大分子は血管と腸壁の成長と維持、骨と関節の細胞質気質に関わっています。
グルコサミンは滑液の主用構成物質の1つで、関節の治癒と動きに関与しています。
現在の純粋なグルコサミン硫酸塩の供給源は様々な甲殻動物の殻です。
グルコースからグルコサミンへの変換力が衰えると、グルコサミングリカンの産生能力が低下し、全般的な接合組織に影響します。
研究の結果グルコサミン硫酸塩は穂名関節炎、腱、靭帯の組織に有効であることを示唆しています。

研究
臨床テストでは、関節炎の患者に対して行われ、1日1.5mgのグルコサミンを与えるグループと1.2mgのイププロフェン(消炎鎮痛剤)を与えるグループに分けて行われました。
8週間後、グルコサミンのグループには著しい関節痛の軽減が見られました。
純粋なグルコサミンの経口投与療法により優れた臨床的、生物学的耐性が得られ、初期と第二期の生成的な関節炎の療法に基本的プログラムに採用すると示唆しています。
様々なテストにより、純粋なグルコサミン硫酸塩は容易に消化吸収されることが実証されています。
研究の結果90%上のグルコサミン硫酸塩は体内に級数され、25%は関節や結合組織に取り込まれることを示しています。
この自然の抗炎症物質の応用は結合組織と関節の治癒と健康維持に、ステロイドに依存しない代価療法として優れた方法と考えられています。

グルコミサンと軟骨
人間の結合組織は常にストレスに晒されていて、それが関節炎、結合組織の炎症と硬直など様々な以上の原因になります。
結合組織は2つの重要な構成組織であるコラーゲンとプロテオグリカンの産生のために必要な基質を供給します。
グルコースからグルコサミンへの変換能力が衰えるとプロテオグリカンの産生と組織結合の形成の割合を制限します。
研究の結果グルコサミン硫酸塩は骨関節、関節の痛み、腱と靭帯の損傷に有益だと示唆しています。

軟骨と関節炎
コンドロイチン硫酸塩はプロテオグリカンの主用構成で、軟骨の合成のための気質を供給します。
硫酸塩分子は体内で結合組織の産生に重要な成分ですが、気管の牛の軟骨の利用は更に有効です。
気管の牛の軟骨は多重のコンドロイチン硫酸塩とU型コラーゲンを含み、これらが抗炎症物質の賛成を促進します。
300人の関節炎患者に牛の気管軟骨を経口投与し、結果59%に素晴らしいケッツかが得られ、26%に著しい改善が見られました。
平均的な治療期間は6〜8週間で、副作用は一切見られませんでした。

HOME |店舗案内 |ご購入方法 |ご相談フォーム |お役立ち情報 |お客様からのお便り |
キャットフード |ドックフード アズミラサプリメント |SGJサプリメント