カルシウム

体内作用

・リン、マグネシウムなどとともに歯や骨を形成し、健康を維持する
・心臓の鼓動を保ち、筋肉の収縮をスムーズにする
・ 神経の興奮を鎮め、精神を安定する
・ 血液を固めて出血を防ぐ
・各種ホルモンや唾液、胃液などの分泌にはたらく
・細胞の分裂、分化を促す
・ 白血球の食菌作用を助ける
・体内の鉄の代謝を助ける
・ 体液、血液の恒常性を維持する

カルシウム不足を招く要因
・肉類などタンパク質の過剰摂取はカルシウムの排泄量をふやします。
・ナトリウムの過剰摂取も同様です。

カルシウムの99%は骨や歯をつくり、残りの1%は血液中や筋肉、神経などにあり重要な作用をしています。不足すると副甲状腺のビタミンDがはたらいて、骨からカルシウムを急いで放出させ血液中のカルシウム濃度を一定に保ちます。
骨はカルシウムの貯蔵庫であり、摂取量が少なければ減り、多ければ蓄積されます。

慢性的な不足状態が続くと、骨のカルシウムが失われ、成長期であれば歯の質が悪くなったり、あごの骨の発育に影響がでます。
骨質が薄弱になると腰痛、肩こりがみられ、骨がカスカスになってきます。

HOME |店舗案内 |ご購入方法 |ご相談フォーム |お役立ち情報 |お客様からのお便り |
キャットフード |ドックフードサプリメント